幸せホルモンを増やそう!

ヨガと食事で幸せホルモンを増やそう!

 

現代人はいろいろな物や情報にあふれて、便利な生活ができるようになっている反面

日本では核家族化が進み、さらにおひとり様の傾向が加速しています。

個食=孤食が進み、若者の幸福度は先進国の中でもかなり低い位置にあるといわれています。

幸せホルモンて、何?

巷で耳にする、幸せホルモン

その中でも「三大幸せホルモン」と言われているのがこちら!

・セロトニン     心の安定、バランスを整える

・ドーパミン     快感を伝達する、意欲が出る

・オキシトシン    優しい気持ちになる、社交性を高める

その中でも、セロトニンをここでは取り上げていきたいと思います。

セロトニンを増やすには

セロトニンを増やすにはいくつか方法があるそうです。

まず一番効果的なのは、「太陽の光を浴びること」

朝起きたら、まずはカーテンを開けて太陽を浴びましょう!

できたら、窓も開けて換気も行うと、部屋の空気の入れ替えと同時に、

自分自身の体の中の入れ替えにもなりますよ。

そこで深呼吸を数回すれば、目覚めもばっちり!!

ただし、これはお天気の良い朝に限られてしまいますよね。

天気が悪い日でも効果的な方法をご紹介します☆

天気が悪くてもセロトニンは活性化できます!

ここでは3つ、ご紹介。

①適度な運動

適度な運動というと人それぞれ体力も違えば、運動歴も違うので、一概にコレ!とはいえないのですが、

イメージとしては、息が乱れない程度、汗がじんわり出る程度

と思っていだけると良いかと思います。

マラソンよりも、ウォーキング、筋トレよりもヨガ、といったところでしょうか。

特に吐く息に集中して行うと、よりセロトニンの分泌を促す、と言われています。

また、一定のリズムを保つ動きとして、「食事中の咀嚼」もセロトニン活性がされるそうです。

一流アスリートは食事中の咀嚼を十分に行うともいわれています。

しっかり噛むことで、脳の活性化なども見込めますよ。

②感情を動かす

スマホを見ながらの食事、テレビを見ながらの運動など、

何か別のことをしながらでは、やっていることへの意識が薄れてしまいます。

料理を見て美味しい、と感じたり、運動してココに効くな~と感じたり、テレビドラマで涙を流したり・・・

喜怒哀楽を引き出す意識を持つこと。

感動の涙を流した時に、自律神経のリセットと同時にセロトニンが活性化されて、浄化作用が起こるそうですよ。

人と触れ合う、心動く経験をする、芸術に触れることなど・・・

いろいろな物や人との繋がりを感じていきましょう。

③睡眠

何をするにも、まずは睡眠が大切と言われませんか?

休息、リセット、疲労回復、免疫力維持、これらには睡眠が必要不可欠です。

睡眠時間が6時間を切ると、風邪に罹る確率が4倍以上上がる、とも言われています!!

また、睡眠には血管を若返らせる効果もあるそうですよ。

寝ている間は血管が開いて血流を良くします。

血圧を下げ、心臓に休養を与えてくれます。

免疫力は夜に作られるので、睡眠をしっかりとることで免疫力を高め、病気の予防や改善をしてくれます。

風邪やひどい疲労感があるときに、たくさん眠るのは本能的にこういったことを感じているからでしょうね☆

実は腸でも作られるセロトニン

脳内で作られると思われがちな幸せホルモンですが、実は腸でも作られるんです!

「腸は第2の脳」と聞いたことはありませんか?

これは脳と腸が神経で繋がっているから、なんです。

腸は人の体の中で1番初めに作られる場所。

そして、脳が死んでもギリギリまで動き続ける器官と言われています。

腸内環境の疲労感を改善することが、幸福の感じ方に大きく関係するそうです。

食生活が不摂生の場合は見直しも考えてみてくださいね☆

現代人は栄養バランスの偏りに注意!

摂取カロリーは十分なのに、栄養失調にななっている「新型栄養失調」です。

特に野菜や果物の不足で、ビタミンやたんぱく質、ミネラルといった栄養素が不足がち。

食生活を見直すと単純に考えて、むやみに糖質だけカットする、とか、脂質に気を付ける、

ではなく、バランスを考えて普段より1品、野菜のお惣菜を増やすなど工夫してみてくださいね☆

幸せホルモンでも実はホルモンではない!?

ここまで、幸せホルモンとして紹介してきたセロトニンですが、

実はホルモンではなく、自律神経を整える「神経伝達物質」なんです。

なので、このセロトニンは脳と腸を繋げる神経=自律神経で繋がっています。

自律神経が整うことで、心のバランスが整う、睡眠がとれる、病気の予防になる、

つまり、幸せを感じるということですね☆

美味しく食べて、楽しく運動して、しっかり休む!

なるほど!繋がっている!!

何から始めたら良いのかわからない、という方はまず、自分に興味のあるところから始めてみてくださいね☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP