私たちの体は食べたものでできている

私たちの体は食べたものでできている

 

生きていく上で欠かせないことの一つ=『食』食べるということ。

オギャーと声を上げて生まれた時から、息を引き取るその時まで、私たちは様々なものを口に入れ、
そして、栄養を取り、成長しています。

そして、健康を保つためにとても重要な要素ともなっています。

『食』というのは、体だけでなく、心の健康や豊かさも育んでいます。

なんとなく、食べる。

好きなものだけ、食べる。

食べたいだけ、食べる。

ではなく、「私たちの体は食べたものでできている」ということを意識していけたら、もっと毎日が楽しくなるかもしれませんよ。

健康のトライアングル△

 

『休養(睡眠)』 + 『栄養(食事)』 + 『運動(消費)』

このバランスができるだけ大きく整っていることが理想的な健康状態。

でも、これがなかなか整えられないのが難しいところですよね。

すべてを一気に改善できれば最高ですが、それも大変。

途中で嫌気がさしてやめてしまったら、元の木阿弥・・・

一つ一つ、見直していくことで、少しずつ習慣化させていく、というのがおすすめです☆

 

ヨガと食のつながり

 

さて、「ヨガと食」は意外と共通点があるんです。

・ヨガは、単なる運動と違い、エネルギーを活性化させて、老廃物を出していく行為

・食事は、エネルギーを体内に取り入れ、運動することで体外へと排出する

どちらもエネルギーを取り入れて、いらないものも出すということ!

そして、

・ヨガは、今日の自分がここにあること、一緒に過ごした周りの人や動物、その他皆に、そしてヨガができる環境などすべてに対して感謝する心を持つこと。

・食は、食べるときには、食べるものすべての命に、作ってくれた人に、おいしく食べられることに、食べたものに生かされていることに、感謝をして残したり腐らせたりしないように食べること。

どちらも「感謝」の心が育まれるということ。

簡単なことから始めよう!

 

まずは、難しく構えずに、できることから始めていきましょう!

ヨガ=体が硬いと無理

ではなく、まずは呼吸を意識することから始めましょう!

私たちは1日2万回以上呼吸をしているといわれています。

あなたは今日、朝起きてから何回呼吸を意識しましたか?

是非、1日に1分でも良いので自分の呼吸の音を聞いてみましょう。

食事はどうでしょうか?

今日は何種類の野菜を口にしましたか?

トマト、レタス、玉ねぎ、じゃがいも・・・・・

1日に必要なビタミンは野菜350グラム摂取すること、だそうですよ。

これ、結構大変かもしれません。

ちょっといつもより1品、1野菜、食事に料理に足してみませんか?

そんな些細なことからまずは始めましょう。

「私たちの体は食べたものでできている」

おいしく食べて、楽しく消費する、

そんなことが当たり前のようにできたら、今よりも少しまた元気になれると思いますよ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP