ヨガ八支則

ヨガの哲学を学ぶ上で最も有名なヨガの教典「ヨーガ・スートラ」

この本の中で紹介されているのがヨガの八支則(アシュタンガ)です

聖者パタンジャリが説いたといわれるヨガの8段階とはどんなものでしょうか

ヨガ八支則(アシュタンガ)とは

 

ヨガを実践するうえで8つの階段を上り詰めていくとヨガの神髄「純粋な自分」に到達するのだという指標・実修

この8段階の中には私たちに一番親しみのあるヨガ(=ポーズをとる)というものも含まれています

ヨガ八支則

  1. ヤマ            禁忌  やってはいけない
  2. ニヤマ           歓戒  積極的にやりましょう
  3. アサナ           体位法 ポーズ
  4. プラーナ ヤーマ      調気法 呼吸法
  5. プラティヤハーラ      感覚の制御
  6. ダーラナ          集中
  7. ディヤーナ         瞑想
  8. サマーディ         三昧 ヨガの目的地

ヨガは体の柔らかさや良いスタイルになることではない

 

ヨガを修行するアシュラムではこの1、2段階をクリアしないと3つ目のアサナ=ポーズをとることもできないとされているほどだそう

確かにいくら体が柔らかかったりスタイルが良くても

心が不安定ではそれはただ単なる表面上のもの

頭が固くては正しいアサナ(ポーズ)をとるためのプロセスを素直に受け入れられず

自己満足なオリジナルポーズになり結果的にケガをする

スタイルやポーズの完成形を求めてばかりでは本当に必要で使われるべき筋肉や軸が使われていないかもしれない

グループレッスンの場合では自己中心的な動きで回りの人の迷惑になってしまうかもしれない

私の先生は

「1mmでも違うことをしてしまってはそれは100%違うものになる よく聞いて素直に受け入れろ」

とよく言いました

素直に・・・

悪意はなくてもなんとな~く聞いてなんとな~く見てなんとな~く動いて

そんな時ほどケガをしやすかったりしました

他人を受け入れ自我を抑える

その精神を学ぶことで自分の体を正しく動かすことができる近道になるということだと

 

呼吸法を学びたければヨガをしよう!

 

以前片岡鶴太郎氏がヨガを修練しているとメディアで取り上げられたときに興味深いことを言っていました

彼は今でこそヨガマスターの資格を持つほどのヨギーですが元々はヨガ(アサナ)をしたかったわけではなくいろいろな著名人が呼吸法を取り入れていることから呼吸法に興味をもったそうです

でもいきなり呼吸法といわれてもなかなかうまくいかなかったのでヨガを取り入れてみたと

ヨガ(アサナ)を実践していくことで次第に本来の目的であった呼吸法にたどり着いたそうな

8段階の順番に目を向けると・・・

3段階目にヨガ(アサナ)

4段階目にプラーナ(呼吸)

なるほど~

呼吸を意識したり深めたりコントロールしたりすることはまず空気を出し入れする体から整える!

体を整えることで呼吸の通り道が正されて深まったり調整しやすくなるんですね~

心頭滅却すれば火もまた涼し?!

 

さて ここから先がより哲学的なニュアンスになってくるのですが・・・

『プラティヤハーラ      感覚の制御』

私はこれを『思い(思い込み)にとらわれない』というようにとらえています

嫌いだと思ったらそれだけで視野が狭くなります

暑いと思ったらもうそれしか考えられず我慢できなくなります

これはこうと決まっているからと思ったらもう他のアイデアが浮かばなくなってしまいます

そんな風に自分が思っていることがすべてと思わず

もっと広く物事を見てみよう とらえてみよう

私自身子供を産み育てるまでは「子供嫌い」と思っていました

なので子供を産む ということさえ頭の片隅にもなかった・・・

でもいざ子供を産み育ててみると

ものすごく可愛いし愛おしいしなにしろ楽しい!

もちろん好転することもあるけどそうでない場合もある

でも自分の思い込みって実は自分を(自分の世界を)狭めていることもある

その思い込みをひとつずつ捨ててみるとまた一つ扉が開くのかもしれない

ヨガの境地へと・・・

 

この先の段階 ダーラナ・ディヤーナ・サマーディ(集中・瞑想・三昧)に関してはもうそれぞれの

心のあるところにあると思います

ダーラナ(集中)の段階ではまだ自分の中にいて気持ちを集めよう!と努力している最中

ディヤーナ(瞑想)の段階はその一歩先に進んで努力から力みが抜けて解放されている状態

周り(自然)とも調和されてきているけどまだ気持ちは自分の中にあり飛び立とうとしている感じ

そして

サマーディ(三昧)では自分から飛び立ち自然界に溶け込んで境地に至っている状態

ヨガの哲学的には自分の体も心も本来の自分(真我)を覆う殻であるという考え

サマーディではその殻からも解放されて真の自分になることとされています

まとめ

 

現在活躍されている有名なヨガの先生の中では

「ヨガの八支則はヨガの境地まで達した先人の結果論だ」

と言う方もいます(笑)

なるほど!

始める理由はどこからでも構わない

入口が「ダイエットしたい」「綺麗になりたい」「ストレス解消したい」なんでもいいと思います

少しずつヨガの魅力に気づき、触れて、感じていくうちに

どこかの段階でこのヨガ哲学を自然と感じることができるから

そしてまたその哲学を肌で感じられたときにまた一つヨガが深まっていくのだと感じています

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP