ヨガとは・・・【ヨガの道はひとつではない】

ヨガとは・・・【ヨガの道はひとつではない】

 

ヨガ人口は世界中で増えている状況が続いていますが

ヨガ=ポーズ(アサナ)をとるもの

と思っている方が大変多いです

実際に日本におけるヨガスタジオ事情としても

当然身体を動かすことを主流としたプログラムが多いです

でもそもそもヨガというのは「純粋な自分に戻ること」を目的としているので

ぶっちゃけ身体を動かすことだけがヨガではないのです

ではそんなヨガの道はどんなものがあるのか・・・

 

4つのヨガの道

 

1 カルマ ヨガ

このカルマヨガとはカルマ(業・行い)を繋げる(ヨガ)という意味で

「奉仕のヨガ」「行動のヨガ」といわれています

見返りを求めず 周りの人の役に立つ行動をすること

自我意識を捨てましょうということをひたすら行動していく

 

子供を育てることはいろいろな自分への欲を捨て(後回しにして)

ただひたすらに子供のことを考え尽くし育てていく・・・

 

子育ては一番身近なカルマヨガかもしれませんね

 

2 バクティ ヨガ

「信愛のヨガ」「信仰のヨガ」

神(クリシュナ)をひたすらに信じ 愛すること

一番宗教的な意味合いの強いヨガになりますが他の3つのヨガ道を極めると

最終的に到達するのはこのバクティヨガになるのでは・・・という方もいます

3 ギヤーナ ヨガ (ジュニャーナ ヨガ)

「智識のヨガ」「知性のヨガ」

哲学的な思索を中心とし体を動かすことではなく智識から繋げていくことが目的

真実の姿・宇宙の基盤などをさまざまな聖典を学んで学んでまとめて

心理に気づき到達し 悟ることを理想としている

 

4 ラージャ ヨガ

「王道のヨガ」「王様のヨガ」

心の制御を目的とする瞑想のヨガ

一番身近なポーズをとるヨガ(ハタヨガ)もこの中に含まれる

この瞑想をするヨガ=ラージャ・ヨガの中にハタヨガがあり

ハタヨガの中にヨガの8支則(アシュタンガ)という段階があり

さらにその8支則のなかの3段階目にようやく私たちが一番身近にヨガと思っている

ポーズをとる(アサナ)ヨガがあるんだよ~

 

っていうところを頭の片隅に入れておいてもらいたいと思います

ヨガの道を知ろう!

 

「ヨガ」と一言で言っても4つの道からさらに流派がわかれさらにそこからいくつも枝分かれしている

ほんの一握りのところである と頭の片隅にでも入れておくと

さらにヨガの深さを感じることができると思う

 

難しいことはいいの ただ気持ちよく体が動かせて 理想の体型になれれば

という人も多いと思うしそれもまた事実

でもせっかく「ヨガ」をしているのであれば

ちょっと聞いたことがあるな~くらいにしておくのも悪くはないのかなと思う

ある日突然!ヨガを知りたくなる日がくるかもしれない

急に体を動かすことよりも理屈を知りたくなる日がくるかもしれない

そんなときのために・・・

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP