ママだって5月病になります

大型GWが過ぎ

落ち着いた日々になってきたころですね

5月も半ばに入ってますが

初夏のように暑い日もあれば

しっとり雨模様 肌寒い日もあり

なかなかクローゼットも片付きませんよね

 

4月から始まった新しい生活に少しひと息つける頃

幼稚園保育園ママは慣らし保育が終わり

お子さんもママも園生活に慣れてきたころですよね

5月と言えば一般的に「5月病」なんてささやかれる

ちょっとメンタルにダメージがきやすい時期だったりもします

とくに今年の大型連休は

「5月病」を引き起こしやすいのでは

とメディアでも取り上げられているくらい

社会人にとってのキーワードになっていますが

 

ママだって5月病になるんですよ

 

新生活に慣れる一方で

終始気が張って過ごしていた4月の疲れがドッとくるこの時期

楽しいGWの旅行だったけど

ちいさいお子さんとの旅行は何かと気がはるもの

オムツ替えのことや 食事のこと 寝る環境だって旅先では変わります

リフレッシュしている傍ら

日常とは違う神経も使うもの

そんな特別な疲れも相成って

・・・・・

さらに梅雨のシーズンに入っていくことで

気圧の変化や気候の変化によって

自律神経も乱れてくるころです

 

「5月病」というのはいわゆる医学用語ではなく

一時的なうつ状態、環境の変化についていけないことで起こる「適応障害」

と診断されるそうです

そして「5月病」に続いて「6月病」

なんて言葉もあるくらい

この時期はメンタル面にダメージを受けやすいです

 

そんなときこそ自分の時間を大切にすることが大事!

ヨガは呼吸を深めからだ全身を動かすことで

「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンの分泌を促します

セロトニンを増やすことで自己肯定感も生まれます

幸せのハードルを低くする効果なんかもあるそうで

ちょっとしたことでも幸せを感じることができると

毎日が明るくなりますよね!

反対にセロトニンの分泌が悪くなると

イライラしたり情緒不安定になったりします

結果「5月病」や「6月病」の原因にもなります

 

ヨガやランニングなどからだを動かすこと

手芸やDIYなど何か作ること

ネイルやマッサージで自分ケアをすること

 

なんでもいいので

ちょっとの時間

他の事を考えない時間

終わって満足感を得られるものを

取り入れましょう!

 

けっして贅沢なものでなくていいんです

 

終わったときに達成感を得ることで

自己肯定感が持てるはず

 

日々家族の事 こどもの事 ご主人の事

でフル回転している頭の中を休ませてあげてくださいね

 

かくいうわたしも

GW後半から体調を崩しまだ引きずっています💦

なのでこっそり?ネイルケアに出かけてきました

ほんのひと時の自分の時間を持つこと

 

たったこれだけでも

セルフメンタルケアになりますよ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP